calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

コーポレートサイトはこちら

Web代表ブログ用.jpg

Google+ページはこちら

Twitter

天気予報


-天気予報コム-

東京ビッグサイトで開催された展示会に参加してきました!

0
    この時期ではおなじみとなっている展示会に参加して参りました。
    (少しの時間ではありますが、パートナー企業のブースにも立たせて頂いて顧客対応をサポートしてました)

    幾つか同時開催されていましたが、私は業務に関係の深い以下の展示会を回ってきました。

    Web&モバイル マーケティング EXPO
    クラウド コンピューティングEXPO
    データウェアハウス&CRM EXPO

    EXPO2013春

    上記は2日目の会場の様子ですが、例年より来場者数は少し控えめのような気がしました。おそらく、今回はゴールデンウィーク明けの週で開催されたのが影響していると思われますが、3日目最終日の今日はかなり混雑していたのではないでしょうか。

    毎回感じることではありますが、どちらの出展企業も来場者の名刺(個人情報)を獲得するために様々な工夫を凝らして努力してますね。
    会社によっては、コンパニオンの衣装が少々奇抜すぎたり、誘導が強引すぎてブランドを損なわないか心配になることもありましたが、出展企業としては出展後の見込客フォローが勝負です。

    自社の課題が明確ですでに検討フェーズに入っている企業担当者であれば、その多くは事前アポイントシステムを利用するなどして詳細な打合せを実施するか、ブース内で具体的なデモなどを受けることになると思いますが、あれだけの出展企業があるわけですから、検討対象に入っていない企業は1件でも多く名刺を獲得して、効率的なフォローを展開したいわけです。

    従いまして、名刺の獲得手法・手段にも依りますが、コンパニオンにノベルティを配らせて名刺を獲得するような場合、お客様1件1件に営業担当者が電話フォローしていたんでは、費用対効果は見合わないことになります。
    逆にお客様にサンキューメールを一斉送信するだけでも、伝えられることには限界があります。

    決して衝動買いのないB2Bですので、中長期的なマーケティングプロセス設計と成果をモニタリング可能な仕組み作りが肝要です。そして、最後に一番重要なのが、潜在客の問題意識を喚起して、具体的なニーズを醸成するための継続的なコンテンツ開発です。

    この記事のトラックバックURL
    トラックバック