calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

コーポレートサイトはこちら

Web代表ブログ用.jpg

Google+ページはこちら

Twitter

天気予報


-天気予報コム-

【追加情報あり】『INBOUND marketing blog』への寄稿

0
    先週、インバウンドマーケティング支援事業で協業させていただいているガイアックス社のご依頼を受け、『INBOUND marketing blog』に寄稿させていただきました。

    タイトルは、
    『BtoBマーケティングのプロが明かす!BtoBサイトで魅力的なコンテンツをつくるコツ』
    として、見込客の購買プロセスに応じたWeb上のコンタクトポイント設計とコンテンツ開発のヒントを、具体例を交えて紹介しています。

    INBOUNDblog0622
    ※クリックで上記サイトに移動します。リンク切れの際はご容赦下さい。

    ◇情報収集段階における見込客は、あくまで課題解決の為の情報を欲している
    ◇見込客の検討段階に応じたコンバージョン・ポイントを用意しておく
    ◇多くのリードを獲得するために「ホワイトペーパー」の活用は有効
    ◇“いますぐ客”ではないリードに対する継続したフォロー施策を実践する
    ◇事例紹介はキラーコンテンツ、工数やコストを費やしてでも準備しておく


    こちらは、寄稿した記事の「まとめ」になりますので、詳細はリンク先のブログをご覧ください♪

    さて、ここでは、ホワイトペーパーを使ってリード獲得を実践している参考サイトを追加情報として紹介しておきたいと思います。
    まずは、寄稿した記事内でも紹介した、キヤノンITソリューションズ社が公開するホワイトペーパー『製造業の調達担当者206名に聞いた、購買・調達の活動実態調査』について、少し補足しておきたいと思います。

    canonITS_report
    ※クリックで上記サイトに移動します。リンク切れの際はご容赦下さい。

    こちらのダウンロードページでは、SEO対策にも貢献するよう、調査結果の一部とコメントを掲載しつつ、完全版の調査レポートに誘導してリード獲得につなげようとしています。

    例えば、
    『製造業 購買調達 効率化』
    と検索してみますと、現時点では3番目に表示されているのがわかります。

    調査概要に加え、調査レポートのイメージ画像(どんなものを入手できるのか)やその他のコンバージョン・ポイントを設置するなど、一般的なセオリーは概ね取り入れている、B2B企業のお手本になりそうなランディングページといえそうです。

    こちらのレポートを用意した背景や目的は分かりませんが、想定できることは、購買・調達担当者の業務内容や問題意識を明らかにすることによって、
    「やっぱり、調達業務の効率化やコスト削減を進めるためにはIT化が必須だよね!?」
    というニーズ喚起を狙ってのことでしょう。

    次に紹介するのは、人材開発サービスを展開する日本マンパワー社のホワイトペーパー『ミドル世代社員に関する調査』のダウンロードページです。

    NMP_report
    ※クリックで上記サイトに移動します。リンク切れの際はご容赦下さい。

    日本マンパワー社では、ミドル世代社員のキャリア開発を支援するサービスを行っているため、ミドル世代(40代)社員の仕事に対する意識ややりがい、人事担当者が考えるミドル世代社員の問題点などを明らかにすることにより、支援サービスの必然性を示したい考えがあるのだろうと推測できます。

    つまるところ、人事担当者に対し、
    「社員の高年齢化に伴う課題解決に向けて、対象となるミドル世代の意識改革や活性化が必要では!?」
    と再認識させたい狙いが垣間見られます。

    ちなみに、
    『40代社員の人件費増』
    と検索しますと、1番目に表示されるようですので、こういった課題を認識している人事担当者の流入を得られるきっかけになり得ます。

    次は、サイバーソリューションズ社が公開しているホワイトペーパー『電子メール脅威調査レポート』のダウンロードページです。

    cybersolutions_report
    ※クリックで上記サイトに移動します。リンク切れの際はご容赦下さい。

    サイトのデザインやクリエイティブには改善余地が大いにありますが、調査レポート自体はフォームでリード情報を入力することなく、ダウンロードが可能となってます。
    自由にダウンロードできることによって、リード情報は得られないものの、広く認知させることにつながります。

    推測ではありますが、同様の調査を四半期ごとに継続して実施・公開していることから、リード情報からプッシュする必要性が低いと判断して広く公開しているのかもしれません。

    最後は、人事関連システムを提供する日立ソリューションズ社が公開しているホワイトペーパー『人事システム導入検討に関する調査結果』のダウンロードページです。

    HitachiSol_report
    ※クリックで上記サイトに移動します。リンク切れの際はご容赦下さい。

    調査結果のサマリーを掲載しつつ、「人事システムの課題は?」や「人事システム導入時の苦労点は?」などのランキング1位を目隠しして、1件でもレポートのダウンロードにつなげようとする努力が垣間見られます。

    どういった課題を持ったリードの流入を期待しているのかは分かりませんが、例えば、
    『人事システム選定のポイント』
    と検索しますと、1番目に表示されるようですね。

    如何でしたか?

    ターゲットとする見込客に存在を認知してもらって、調査レポートなどの請求でリード情報を獲得することは必然であり、Webマーケティングを成功させるための重要なアプローチの一つであるといえます。
    是非、皆さんも積極的にホワイトペーパー・マーケティングを実践していただければと思います。

    ※弊社では、ホワイトペーパーなどのコンテンツ企画や制作も行っています!

    この記事のトラックバックURL
    トラックバック