calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

コーポレートサイトはこちら

Web代表ブログ用.jpg

Google+ページはこちら

Twitter

天気予報


-天気予報コム-

ラスベガス&メイン州への旅行記(1)

0
    随分久しぶりの投稿になります。時間の経過は早い・・
    コーポレートサイト上にビジネスブログを開設してからというもの、そちらへの投稿が中心となってしまってます。
    宜しければ、そちらのチェックもお願いします!

    ▼B2Bマーケティングビジネスブログ
    http://b2b-marketing.co.jp/author/horikubi/

    さて今回はプライベートな話題で恐縮ですが、今夏のバカンスでラスベガスやメイン州に行って参りましたので、遅ればせながら写真やエピソードを幾つかご紹介させて頂きます。

    アンテロープキャニオン1

    早速ですが、こちらの写真・映像を見たことがあるでしょうか?
    これは洞窟内の岩肌なんですが、太陽光が差し込んで黄金?に光り輝く様は神秘的ですよね!?

    友人や知人に写真を見せると、意外と「なんかこれ、見たことある!」と仰る方が多くて驚きました。
    そうです。こちらは『アンテロープキャニオン』といって、砂岩が風や雨の侵食により、長い年月をかけ形成された美しい洞窟で、アメリカ南西部で最も人気のある撮影スポットです。

    ちなみに、『アンテロープキャニオン』には『アッパーキャニオン』と『ロウワーキャニオン』の2つがあり、今回行けたのは『ロウワーキャニオン』の方です。

    詳細は、ネットで検索すれば簡単に色んな情報をゲットできますのでここでは割愛しますが、現地のナバホ族(彼らの同行・ガイドなしでは見学できません)に案内されて、探検家のように複雑に入り組んだ地下に入っていきます。
    アンテロープキャニオン2

    今回は、この『アンテロープキャニオン』とお馴染み『グランドキャニオン』を1日で観光できるツアーに参加したので、なんと朝3時前集合で5時間ほど掛けて向かいました。
    マイクロバスから降りると、上の写真のようにサバンナのようなエリアを徒歩で移動します。

    アンテロープキャニオン3

    着くと、こんな感じで地割れしたような隙間から地下に。

    アンテロープキャニオン4

    場所によっては、こんな動物の横顔のような絵も撮れます。
    結構キレイに撮れていると自画自賛してますが、現地のガイドさんがキレイに撮れるカメラの設定方法を教えてくれたりします。

    アンテロープキャニオン5

    その後、『アンテロープキャニオン』の見学が終わると、『グランドキャニオン』に2時間ほど?かけて向かいました。結構な速度を出して走るので、動物とか飛び出してきて事故ったら無事ではいられないだろう・・とか考えながら、移動中の景色を楽しみました。

    グランドキャニオン1

    無事着くと、そこにはこれまで写真でしか見たことがなかった『グランドキャニオン』が。こればかりは、自分の目で体験しないと、その空気感や壮大さは感じ得ないでしょうね。

    グランドキャニオン2

    こんな塔もあり、青い空とのコントラストがキレイですよね。
    次回につづく。

    同一カテゴリの記事
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック