calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

コーポレートサイトはこちら

Web代表ブログ用.jpg

Google+ページはこちら

Twitter

天気予報


-天気予報コム-

『kintone』による顧客&案件管理の運用方法とは?(その1)

0
    皆さんは『キントーン』って聞いたことがありますか?
    ドラゴンボールの『キントウン』なら聞いたことがあると思いますが、そう遠くもありません。(ホントか!?)
    正式名称は『kintone』と書き、グループウェアで有名なサイボウズ社が社運をかけて?提供を開始しているクラウドサービスです。

    先月、こちらの実機セミナーに参加して参りました。
    と言いますのも、事前に無償お試し版を触っていましたので、顧客管理や案件(商談)管理など、安価なプチSFAとして使えるのではないか?と考え、詳細な機能を確認するためでした。

    弊社のクライアントには、ご予算の厳しい中堅・中小企業様もいらっしゃるので、利用者のご要件によっては必要十分な運用ができるのではないか?と考えての情報収集です。

    結論から言いますと、設定方法によっては必要最低限の運用は可能なツールと言えそうです。(中小企業においては、逆にシンプルな運用が好まれる場合も少なくありませんので)
    但し、色々な用途で利用されることを想定しているツールですので、SFAとしてはまだまだ不足している機能も多く、利用者の要件次第といったところです。(サイボウズ社の開発責任者いわく、直近の開発予定に含まれている機能も多いとのこと)

    ちなみに、初期費用は無料で、300ユーザーまでは、1ユーザーあたり月額780円〜(ただし、最低5ユーザーからの利用)という低価格です。(2015年12月現在)

    多くのクラウド型SFA(営業支援システム)では、1ユーザーあたり月額2,000〜7,500円(Salesforceのエンタープライズ版は15,000円)という料金設定が一般的ですので、格安であることは分かると思います。

    価格というものは提供側の論理で設定されたものですので、「安かろう悪かろう」で判断する前に一度どんなことまで出来るものか知っておいて損はないと思います。

    ここまで聞いて興味を持った方は、続きをご覧頂ければと思いますが、設定した画面ショットを交えて紹介して参ります。
    ちなみに、私の仕事はITツールを紹介することではなく、利用者がITツールを活用して成果を出すことですので、導入・活用支援でお声を掛けて頂ければ幸いです。
    以下、全てを詳細に説明することは困難ですが、一般的な利用方法について紹介できればと思います。

    1)アプリケーションの作成方法

    管理対象のデータベースや入力画面は、こちらの「フォーム設定」で作り込んでいきます。

    フォーム設定画面1

    画面ショットを見て頂いた通り、左側に項目のデータ型が並んでいますので、必要なデータ型をドラッグ&ドロップで表示させたい箇所に持っていくだけです。
    最近はこのようなユーザーインターフェイスを採用するアプリが増えてきておりますが、Webとはいえど自由度は高まりつつありますね。

    フォーム設定画面2

    あとは、各項目の右上にある設定マークをクリックして、項目名称や選択肢、計算式などを設定していきます。

    2)顧客管理アプリの運用イメージ

    顧客情報登録画面

    上記は、あえてシンプルにしてますが、顧客情報の登録画面です。
    画面の背景などは幾つかのテンプレートから選択して変更することも可能です。

    顧客リスト一覧画面

    顧客情報を登録すると、一覧画面に戻ります。
    こちらの一覧画面も表示させたい項目など、幾つかのパターンを設定可能です。

    さて、少し長文になってきましたので、今回はここまでの説明にとどめて、近いうちに案件情報の管理や重要なレポート機能について説明を続けたいと思います。

    次号はこちらをクリック。

    この記事のトラックバックURL
    トラックバック